宮城/塩釜港には大きなアナゴがいる!

アイキャッチ/塩釜アナゴ釣行記(宮城)

学校の夏休みに入り宮城に帰ってきました。

まず今回の注目点は常磐自動車道が2015年3月1日に全線開通されたこと。

千葉から宮城までの移動ではいつも常磐道を通るのですが、福島から宮城までが一本に繋がったことで5時間かからず大幅に時間短縮されました。これは朗報!

こちらは7月下旬だというのに涼しくて、外でプールなんかしたら風邪ひきそうな寒さです。

今回はそんな宮城県塩竈市の港をチラッと調査してきたレポートです。

塩釜水産物仲卸市場へ

その前に立ち寄ったのは塩竈水産物仲卸市場。

20160724塩釜港

夫の両親が運営しているお店へご挨拶。


いつもお仕事お疲れさまです。

20160724塩釜港

市場の美味しいお刺身をいただきました♪

マグロ、サーモン、ボタン海老など立派なものばかり!

20160724塩釜港
20160724塩釜港
20160724塩釜港

いつも美味しい物をいただいて感激です(*^^*)

20160724塩釜港

塩釜港視察へ

2016年7月24日(日)

塩釜港へ。

20160724塩釜港

塩釜港は東日本大震災以来ずっと岸壁の復旧工事をしていて立ち入りできなかったのですが、今回はようやく釣りができる環境になっていました。

第一釣り人を発見して状況を聞いてみると、ハゼとサッパが釣れているそうです。

20160724塩釜港

海を覗き込むと、欲しいほどの大きなカニや小魚たちがたくさん泳いでいるのが見えます。

塩釜の海はけっこう魚影が濃くテンションアップ。

20160724塩釜港

こんなところに大アナゴ

そんなとき近くで釣りをしていた少年グループ。

ぐんぐんと引いている竿を上げみると、びっくりするほど大きなアナゴが釣れました!!

20160724塩釜港


ビニール袋は破れるし小さなソフトクーラーボックスに入るかどうか困っていほどの大きさ!

昼間からこのサイズのアナゴなんてすごい~♪

ちょい釣りはボウズ…

少し釣りをしたくなりますよね!笑

近くのホームセンター(ホーマック)にアオイソメを買いに行ったらなんと売りきれですって 。近くの釣具店で買って小一時間ほど釣りをしましたがまったく釣れませんでした・・・↓

日曜日の今日、夫はまた運転して千葉に戻らなければいけないのでタイムオーバーです。

魅力は釣り場の近さ

この塩釜港はなんと言っても


義実家から車で10分。


私の実家からも30分ほど。

いつも数匹釣るために片道2時間を超えての移動なので、釣りをするには恵まれた環境ですよね!(ひとつ難点を言えば、夫が車で帰ったため移動手段がないことですが…)

大アナゴが生息している塩竈港のポテンシャルはまだまだありそう。今度ゆっくり試してみる価値はあります。

Comment

タイトルとURLをコピーしました